姓名を入力して「占う」のボタンを押してください。名前占いの結果を見ることができます。

Tweet

 天格の示すもの

先祖から受け継いできた姓であらわされる天格。天格は自分ではどうにもできない運命、定めがあることを示し、同じ苗字である家族、親せきも同じ旧通の影響を受ける画数です。しかし、天格だけで運気、吉凶が決められるわけではないので悪くても必要以上に心配はいりません。

 人格の示すもの

姓の最後の一文字と名前の一番上の文字の画数を合わせたものが人格です。仕事運、家庭運、結婚運に大きく影響し、主に社会運を反映する重要な画数です。とくに30代以降の吉凶を左右するので名づけには考えておきたい部分です。

 地格の示すもの

 名前の画数を足したもので20代までの若年時期の運勢に反映します。子供時代の健康・体調、家庭環境をみることができます。プライベートな恋愛事情や金銭感覚に影響する部分です。

 

 外格の示すもの

総格から人格を引いた画数のことで、人格が自身の力を示すのに対して、外格は外側からの影響を表します。

 総格の示すもの

総合的な運勢の吉凶を表す総格は天格、地格を合計した画数です。どんな人生を歩んだかその集大成として人生の後半「壮年期」の運勢に強く影響します。

 Memo

赤ちゃんに名前を付ける、改名する場合には画数を吉にすることも良いですが、音も重要になります。毎日、耳にして自身の性格にも影響を及ぼすので音として聞いて良い名前にしましょう。濁点はないほうが吉。

日本に多い苗字

日本には30万種類の苗字があるそうです。五百旗頭(いおきべ、いおりべ、いほきべ、いおきと)、小鳥遊(たかなし)など知らないと読みにくい姓もたくさんあります。苗字の一覧



姓名判断について



姓名判断は古くは1700年代には日本で運気を診るために使われていました。一般的に広まったのは明治時代といわれていて庶民にも姓を使うことが定められてからのことです。

吉凶をみるために姓名の画数を出し五つの格に分類していきます。この画数から導き出された五行配置をもとに運気を当てはめてます。

姓名判断に期待する内容として成功運、金運、恋愛運、結婚運、健康運、趣味や性格の特徴があります。この鑑定結果の活かし方は良いところは伸ばして、人生に不利になる結果なら改善していくことです。

性格だからとあきらめず、大凶であっても少しでも吉となるように行動するとこで不運によるダメージを減らすことができるでしょう。

子供の名前を付ける場合:赤ちゃんの名付けで画数のいい名前を考えているなら、ぜひ、耳障りの言い名前にすることをおすすめします。難解な漢字や発音しにくい名前、濁音のある名前は避ける方が無難です。毎日呼ばれる名前はしっかりと安定したものがよいでしょう。。

免責事項:当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。